技術紹介

インペラー製作

インペラー製作

大きさ、幅、羽根の枚数、あらゆる設計に対応可能!!

御社のコスト削減に貢献します!!「新型インペラー」

「新型インペラー」は、薄板を使用し、曲げ加工を多用することで溶接個所を大幅に削減し、歪みを解消することが可能になりました。
製品自体の品質が向上するとともに、歪みの解消作業がなくなることによって御社の人件費の削減に貢献します。 

さらに、軽量化することにより、モーターなどの機械の負担が軽減されます。 

その結果として初期電力削減につながり、ECOの観点からみても大きなメリットがあると考えます。

薄板加工

薄板加工

0.8㎜~3.2㎜まで対応可!

薄板という軟弱なイメージを払拭する特殊な加工技術で、薄板は、カバーに適さないという従来の考え方から逆に、薄板の特性を活かし、軽量でありながらも強靭な製品が完成。

軽量化された事で、困難であった取り付けも容易になり、時間的コストの削減が可能となりました。

加工技術

加工技術

R加工、紐出加工、段加工など様々な加工に対応可!

角型・箱型はもちろんのこと、今まで加工が困難と考えられてきたあらゆる形状に対応可能な弊社独自の加工技術にて、安全且つ美観を備えた製品をご提供いたします。
また、他社で困難な加工でも、当社でできることがあります。 

オーダーで機械を設備し、安全カバーの美観性や強度、加工工程の簡素化などを追求していく中で、様々な技術を生んでまいりました。ぜひ、お問合せ下さい。

 → R曲げ加工 

 → 紐出加工 

 → 段加工 

R曲げ加工

元々、薄板で強度を出す為に行っている加工です。薄板がたわむのを防ぐ為に、板の端をプレス機を使い、コの字型に丸め込みます。 例え薄板でも、強度を保持したカバーの製作が行う事が出来ます。

Rのついた薄板の立上げ加工

Rがついた板形状の端部の立上げ加工です。通常Rのついた形状であれば、絞りでない限り相当な歪みが生まれます。しかし、独自のR曲げ加工により、歪み無く、きれいに立ち上げることが可能です。 

メリット 
円筒形状の製品にふたをする際、通常では一周まるまる溶接しなければなりませんし、溶接箇所が多くなればそれだけ歪みが出てしまいますが、このような立上げ加工を施すことで、数箇所スポット溶接するだけで済みますので、非常に効率的な加工方法です。

円筒形状のものを製作後、曲げ加工にて端にツバをつける

円筒のものを製作後に、溶接ではなく曲げ加工で、末端にツバをつける加工です。こちらの写真では、8mmほどツバをつけた製品になります。

メリット 
通常このような形状になると、溶接が一般的な加工方法なりますが、曲げのみで仕上げる為、工程時間を短縮させることができます。

紐出加工

わずか1mm程度ですが、板に凸凹をつけます。ベルトカバーには、お客様と御打合せさせていただき、必要に応じて施します。
他社のカバーと比較しても、外見で目を引く為、機械自体に付加価値を付与する意味としても、好評を得ています。

段加工

R加工した板の両端を、1㎜程度段を付ける加工や、スポット代を設ける為の段付け加工は、強度を保つ上でなくてはならない加工技術です。
他社ではなかなかできない、弊社オリジナル加工として、あらゆるカバーに施されています。

安全カバーに特化した板金技術

安全カバーに特化した板金技術

ノウハウが蓄積された専門集団!

創業以来培ってきたノウハウを駆使し、従来のイメージを大きく脱却した全く新しい製品を開発いたしました。

大阪の社長.tv
求人情報
安成 孝則 facebook